投資失敗!躓かないための情報サイト

投資に失敗したらどうすればいいのか、投資を考えている人は絶対に知っておく必要があります。儲け話ばかりに耳が傾きますが、失敗した場合のことを視野に入れておくだけで、心にゆとりのある投資ができるのです。

なぜ投資は失敗を視野に入れて始めるべきなのか

投資をするにあたり、多くの人は成功することを期待して始めますが、希望的観測で投資を行うと判断を下すことができず、結果として大損してしまうことがあります。
特に不動産投資など、ローンを組んでまで取り組んでいるものの場合、そこでの失敗は一生背負うかもしれないハンデになることもあります。
投資を始める際、失敗をしたらどれくらいの損害が出るのか、まずはそこの部分から詰めていくことが大切で、それがはっきりしてからメリットがどれほどあるのか追求していくことになります。

定期預金とは違い、元本割れを起こす可能性があるのが投資です。
比較的安心ともいえる国債などの債券なども、万が一の時には紙くずになってしまい、一定額まで保証してくれる定期預金とは訳が違います。
投資信託も比較的安定した利回りが期待されていますが、世界恐慌に匹敵するような状況、もしくは日本国内で発生した大災害によっては大きく損をすることがあります。
資産運用の選択肢として選ばれやすいものですら、何かしらのことで損をすることがあります。
まして、自らが投資先を決めるなどする場合、それ以上に損をすることも考えられます。
初心者は1円でも多く稼ぐことを目的としますが、大事なことは投資の資金が回り続けるかどうかになります。
資金がショートしてしまえば続けることができなくなりますし、一発逆転を狙って大勝負し、そこで失敗したら取り返しがつかなくなります。
大きく勝負するのではなく、ある程度のところで損切りし、次に備えるということもこの場合は大事なのです。

失敗を視野に入れておくことをネガティブだと捉えがちですが、そんなことはありません。
気持ちの余裕にもつながり、覚悟を持って参加することができ、目先の利益に走らず、判断を下すことができるようになります。

投資家たちの悲劇、リーマンショックから学ぶこと

リーマンショックから学ぶこととしては、リスク管理を徹底するということです。
投資の世界は時に大きな暴落を引き起こすことがあり、多くの人が致命的な損失を出してしまうこともありますがそのような中でも利益を出す人もいれば、最小限の損失で抑える人もいます。
投資というのはいかに損失を抑えるのかというのが重要となってきますから、リーマンショックのような大きく相場が下落するようなことがあったとしても被害を最小限に抑える事ができるように常に構えておく必要があるのです。

リーマンショックが起きた時であっても、手の打ちようが成程にあっという間に株価が下落したわけではなくリーマン・ブラザーズが破綻した直後はその先の大きな下落と比較をすればまだそれほど、大きく下がっているというわけではありませんでした。
もちろん、短期間で日経平均が2000円近い下落をしていましたから、この時点では下げ過ぎと考えていた人も少なくありません。
それでもこの時点で怪しい雰囲気が出ていたことも事実ですから、ここで深追いをせずに様子見をすることができる人は難を逃れることができたということになりました。
それに対して逆張りをしようとした人たちは、この後致命的な損失を被ることとなってしまったのです。

このような大暴落というのは予想することができるものではありませんが、途中でいくらでも逃げようと思えば逃げることができたものです。
しかし、リスク管理が甘ければリーマンショックを直撃してしまうことになり、致命的な損失を出してしまうことになるのです。
リーマンショックから学ぶことというのは、投資の世界では当たり前のことですがリスク管理を徹底しなければ一度の一杯で挽回がきかないぐらいの損失を出してしまうということです。

投資をすることで犠牲になるものもある

投資というの得るものも大きいのですが、失うものもあるということを覚えておくようにしましょう。
まず、多くの人は大事なお金を失うことが多く投資で儲けるというのは簡単なものではありません。
投資で利益を出すには我慢が必要なので、それができない人は、お金を失ってしまうことになります。

次に利益が出ている人は失うものがないかというとそのようなこともなく、労力に対して見返りのバランスが悪ければ時間を犠牲にしているといえます。
投資をする場合、じっくりと情報を集め相場を分析して行う必要があるのですが多くの時間をかけて雀の涙ほどの利益しか出ない場合には、失った時間の分だけ損失が発生しているとも考えられます。
投資を趣味として行っているのであれば悪くはありませんが、真剣に資産運用として考えている場合満足のできる収益が上がらない場合には、時間が犠牲になっていると考える必要があります。

満足できる収益を上げている場合であっても、ストレスが溜まるようでは健康面での犠牲が出てしまうこともあるでしょう。
投資というのは利益が出ている時も損失が出ている時にも大きなストレスを感じやすいものですから、そのことで健康面での悪影響や精神面での悪影響も考えられます。

もちろん、これらの悪影響が少ないという人もいることでしょうが投資によって、犠牲になるものもあるということを知っておく必要があります。
非常に厳しい世界であるため生半可な気持ちで挑むと、犠牲になる物のほうが多くなってしまうということも考えられるので注意が必要です。
投資というのはリスクがつきものですが、金銭面以外の部分でも犠牲になる物があるというリスクも知っておかなければなりません。